ワゴンRのATF交換


ワゴンRのATF交換 – Akiraの気ままなブログ

 2014年12月に中古で購入しましたワゴンRのATF交換を検討しておりました。しかしながら、いつもお世話になっている近所の車屋さんからは、かえって壊してしまうかもしれないので、ATFの交換はしない方がいいと言われておりました。ちなみに、我が家のワゴンRは、約6.5万kmで購入、その後、2年間で約2万km走行した状況で、私が購入する前のことは、実際は不明なのですが、たぶん、ATFは交換したことが無いだろうという推測から、かえって、ATFを交換するとスラッジが舞い上がって、スラッジによる不具合が生じる可能性があるというのが、交換しない方が良いという理由でした。

 このまま、オートマがダメになって、ワゴンRの寿命とするしかないのかと思っていたのですが、色々調べたところ、トルコン太郎というものを使ったATFの交換という方法があることを知りました。ただし、近所の車屋さんでは、トルコン太郎を持っているお店は無く、一番近いところでも、茨城県のつくばみらい市にあります滝本電機商会さんでありました(我が家から、片道、約130kmのところ)。前向きに考えれば、まだ、同じ茨城県内にあって良かった!です。

 本日、滝本電機商会さんに行き、ATF交換の事前確認をしてもらいました。約1か月前に予約してのことです。確認は、①ATFの量の確認(問題無し)、②ATFの状態確認(色は、真っ黒で、泡立ってしまう状態でした)、③シール部のオイル漏れ確認(問題無し)、④実走行しての状態確認(1速から2速に切り替わるときのショックが大きめ等、細々といろいろ)でした。中々、毎日乗っていると気が付かないところを含め、問題点の指摘を受けました。また、関心したのは、説明がとても親切丁寧で、素人の私でも理解できるようにしていただけたことです。もう、これだけで、遠くまで来たかいがあったと思ってしまいました。

 実際に、ATFの交換は、来週の日曜日に行ってもらうことになりました。6時間ぐらいかかるとのことでしたので、見学していていいのでしょうか?と聞いてみたところ、もちろん、いいですよ!との返事をいただけ、うれしかったです。こういうの見学するの好きなんですよね!また、オイルを交換するだけではなく、オイルパンの掃除、ストレーナーの交換もするということでした。

 本日は、滝本電機商会さんのオーナーと長く話をすることができたのですが、大切にしていることは、愛車を長く乗っていただくこと、メンテをして愛車の変化に気づいていただき、楽しんでいただくことだそうです。うーん、またまた、遠くまで来たかいがあったと思う瞬間でした。トラヴィックでお世話になっておりますAutoGarage959さんもそうですが、いいオーナーと巡り合うことができました。

 なお、オーナーが一人で作業しているのですが、奥様もお手伝いをされておりました。奥様もいい方でしたね。早く来週の日曜日が来ないかなぁ~です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kaion より:

    おはようございます。

    ワゴンRのATF交換ですか、自分が納得のいく
    作業をしてもらえるところが良いですね。
    来週の日曜日に行うんですね。
    折角の愛車ですから大事に乗りたいですよね。

    • akira より:

      こんにちは!
      そうなんです、説明がしっかりしておりあしたので、
      作業しなければならないことへの納得感があったのです。
      はい、新しく車を購入するお金が無いので、
      このワゴンRも長く乗りたいと考えております。

  2. FLANKER より:

    ATフルードって交換できるのか!
    おいらのクルマは同好の士のHPでは常磐道みたいなところで100k超で
    1時間くらい走っていると沸騰して動力伝達が止まるらしいわ。
    30分くらい休ませると復活するとか。
    俺は高速乗らないからいいけどね。

    • akira より:

      こんにちは!
      はい、もちろんATFは交換できます。
      というより、2年に1回ぐらいの頻度で交換してあげないと、
      いろいろ、不具合が出てきます。
      このワゴンRは、中古で購入し、
      これまで1回も交換したことが無いだろう?
      というところから、ちょっと、交換が大変になっております。
      ちなみに、トラヴィックのATF交換は、もちろん行っております。